いま、白いくちなしの花が散歩道で匂っています。

一雨ごとにその匂いを深めていました。