一日の終わりを告げようと、ビルのなかに太陽が沈んでいこうとする

景色は一瞬のことでした。

空に名残惜しそうな存在感は美しかった。