あたたかい灯でした。

夜、エンジンを切った車はまるで生きもののように待っていた。