昨日の朝、充電するためにコンセントに差した携帯が鳴った。

電話のむこうからは押し黙ったような静かな声で、

ご近所の方からでした。

飼い猫がずうっと痙攣をおこしていて、止まらないとのことで、

二三日前にも動物病院へ連れて行くのに、車を運転して行ったので、

事情がすぐに読めました。

急ぎジャンパーをはおって、玄関前へ車を回しました。

階段を下りてくる娘さんはシクシクとずーっと泣いていて、

その腕に毛布に包まれた猫を抱きかかえていました。

病院はバス路線のそう遠くない所ですが、このときばかりはやけに

遠いなと感じました。

病院の待合室でしばらく待っていました。涙で目を腫らした娘さんを

見ていてかわいそうでならなかった。

名前は銀ジロー(雄猫)、18才、

天国で、また、いっぱい飛び跳ねような(涙)〜

 

桜咲く春の写真です。

朝、散歩道で撮りました。