太間天満宮を後にすると、淀川の堤防はすぐそこです。

堤防、河川敷は自転車、ジョギング、と格好のスペースです。

また、だれかを誘って旅に出たいものですね。

元禄2年(1689年)松尾芭蕉が奥の細道へ旅立ったのが

5月今頃のことだったらしい。

せわしない生活を送っている身には、

ふと旅に出て気分転換といきたいものですが・・・

シロツメグサが一面に咲いていました。

視界が開けて気持ちがいいですね。

昔も今も変わらぬ風景がありました。

広々とした河川敷です。