子どもが少なくなってお年寄りが増えていく少子高齢社会から

このごろは多死社会という言葉が目につくようになりました。

2025年には団塊の世代が全員75歳を超えて、国民の5人に1人に達し、

医療や介護の必要性も増えて、社会保障制度が行き詰まってくる、と

昨日の朝刊は記事を掲載していました。

1947年~49年ごろのベビーブームに生まれた世代で、

年金支給年齢の段階的引き上げにともない、60歳の定年後も再雇用や再就職して

その人たちが65歳を迎え、引退し始めたのが2012年問題といわれました。

問題視された「その人たち」というのは今を生きている我々(私)です。

医療や介護の費用が増えて、社会保障給付費が大きく膨らむ、という。

今度は「2025年問題」のスポットライトを浴びることになりました。

ちなみにベビーブームに生まれた人口はざっと800万人、

最近の出生人口(3年間)は300万人。

あまりにも多いとみるか、あまりにも少ない人口とみるかで

考えも変わってこようか、と思われますが・・・・・・