雨が降って田を潤し

秋には稲穂が垂れ、

稲刈りして脱穀したあとの

高く積み上げた稲藁をめがけて、それを

キャッチャーがわりに野球をしていた

こどものころを彷彿とします。

まだ四季のメリハリがきいていたころが

なつかしい。

 

散歩道で