せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ・・・・

春の七草ですが、

息子や娘が小さい頃に、この春の七草の名前をなにか語呂合わせでも

よかったのでしょう、早口言葉のように教えました。

七草粥を食べるころになるとよみがえってきます(子どもたちはおぼえているかな)

七草粥のルーツは古代中国で、正月7日を節句として、七種類の若菜を入れた

あたたかい吸い物を食べて1年間の無病息災を祈った、と新聞に紹介されていました。

小さい頃の記憶では、田畑の畦や川岸に自生していたりしたものですが、

今や、せり、 すずな(かぶら)、すずしろ(だいこん)ぐらいが馴染みのものに

なってしまいました。

昨日わが家では七草、ではなくてお餅をチンして粥のなかに入れました。

散歩道

 

 

 

 

 

 

日中の気温は10度くらいでした。

散歩道

 

 

 

 

 

 

週末になると、商売繁盛で笹もってこい、のかけ声が聞こえます。

初詣

 

 

 

 

 

 

サザンカの花壇

サザンカ道