台風一過の青空は、ちりもほこりも飛ばされて、紫外線が降りそそいでいるみたい。

大阪は33℃とまたもや暑くなり、水浴びしたいくらいです。

お昼を食べて、日除けクリームにサングラス、キャップをかぶって、

ママチャリを駆けて神社の森にいきました。

たどり着くまでの15分ほどは車の走っている道なので、暑いなかでしたが、

ひたすらペダルをこぎました。自転車から降りるや、

神社の森は降りそそぐ太陽と木陰をつくったカエデの木で

最高の空間をなしていました。

じっとしていても汗ばむ空気はいつのまにかどこかへいっていました。

天気予報では来週あたりからだんだんと気温も30℃を下回ってくるらしい。

一雨ごとに涼しくなってくるのでしょうか。

もう、猛暑の夏からお別れしたいですね。

夏の終わりに

大きな木がたくさんある神社でも圧倒的に蝉の抜け殻が多いのですが、

蝉の声もまだまだ聞こえてきました。

夏の終わりに

夏の終わりに

池のほとりではサルスベリの大きな木がありました。池に赤い花色が映っていました。