いつもの散歩道です。

いつのまにか蝉は鳴かなくなりました。

命つきた蝉は木から落ちて、

あちこちの地面にたたきつけられています。

木の枝には脱け殻がへばりついていました。

天気は前線の影響で朝から雨が降っていて、日中も急な天候の変化によって

雷鳴し激しい雨に見舞われました。

油断のならないこの頃です。

駅前の銀行に用事があって、お昼を食べてから行きました。

緑地公園の緑の林は雨にぬれていっそうあざやかでした。

いつ降るやもしれない午後の公園は人通りがありませんでした。

ハトがやってきました。

緑が美しい。