まるでパウダーシュガーをふりかけたような葉で、きれいでした。

なんとも粋な葉があるのだな、と驚いてから何年になりますかね。

昔、京都の両足院の庭園を訪れたことがあり、

庭園の池のまわりに植わっている草木の葉っぱを見て、感動したのを思い出します。

先日、近くに住む姉宅を訪れたときに庭の隅っこに植わっていた、

半夏生を見つけました。

今の時期は半夏という薬草が生え、ハンゲショウ(カタシログサ)という

草の葉が、名前の通り半分白くなって化粧しているように見えました。

半夏生

半夏生の世界