シャチホコのある寺

見事な彼岸桜でした。大きな桜の木が寺の境内の奥の方で満開の時を迎えていました。

寺の墓地は妻の実家の墓のある場所で、何十年来と来ているのですが、

立派な桜の木にこれまであまり目にも止まらなかったようです。

昨年来の寺の荒れた墓地の整備がようやく終わって、昨日、開眼供養が執り行われました。

住職によると、なんでも無縁仏が300もあって、

墓地の整備で戻ってくる墓は80ほどになる、らしい。

様々な事情があって、現代の世相を表しているんでしょう、と

複雑な気持ちにさせられました。

墓地もきれいになって、周りを見渡す余裕もできたのでしょう。

見事に咲いていました。

その彼岸桜をじっと見つめていました。