一昨年に開かれた2020年東京五輪招致活動の最終プレゼンテーションで使われてから

よく耳にするようになったコトバ、おもてなしです。

金沢を旅していて、

みやげもの屋、旅館でのなにげない心配りが心に灯をともしていました。

ちょっとした待合のロビーでの設えは言葉を交わすほどに

心をうちとけて、あたたかく、いろんな気持ちの行き交う場となっていました。

そのようなことを年を重ねるほどに、思うようになっています。

みやげもの屋の軒先で・・・傘に水をあげると、パッと花が咲きました。

季節を感じます。

桜湯とみたらしだんごでウエルカム。

桃のつぼみ