大阪天満宮の奥のほうに星合茶屋があります。

そこの庭に何本かの梅の木があって、よく見ると咲いていました。

寒い寒いと思っていましたので、その香りとともにほっとした気持ちでした。

ピンクの木を眺めているときに,後ろから、

すみません、桜でしょうか、と若そうな女性に聞かれました。

日本語でしたが、どうも外国人のようでした。

梅だと思いますよ、と返事しましたが、

日本にはこれから春にかけて、桜、桃、梅、と微妙な色合いの違う花が咲いてきます。

一つの木がもたらす風景は気温が上がってくることで、変化してきて、

これから眺めていても楽しくなってきます。

立春

蝋梅

いいにおいです。