三ヶ月ほど会っていない義弟が夕方にやってきた。

仕事で年末から正月にかけての多忙な時期がようやく一段落したとのことです。

昨年からの食品に対して異物混入事件などで、

世間ではいろいろと取りざたされていた頃と重なってしまったことで、

迷惑なことにとばっちりを受けて東奔西走の毎日を送っていたとのことです。

食品関係に身を置く義弟は立場上さまざまな苦情の処理にあたっていた、とのこと。

ようやく収束にむかってきたので、夕食を一緒に、となりました。

予約をしておいた寿司屋で一献をかたむけました。新年会です。

店で大将の握る寿司は格別にうまかった。いい鯖が入っているとのことで、

酢を利かしたきずしでいただきました。義弟は若い頃魚屋でバイトをしていた

こともあって、魚のうんちくも深い。

水槽のカワハギを造りにしてもらったころには、ほろ酔い気分となりました。

店の外は氷雨まじりの夜空でした。

寒風