一昨日、午後から成田山不動尊へ向かって歩きました。

自宅からは、なだらかな上り道で、いつもは40分ほどかかります。

風景を撮っていると汗ばんできたりしました。

景色や神社を見て道草をしだすと、なかなか目的の場所へたどり着くことが

できなくなってしまいました(笑)

小一時間も歩き喉も渇いてきたので、姉宅で一服しようと思いつき、

携帯から宅に電話をして在宅を確認しました。聖母女学院を過ぎて、

成田山に近いところにあります。

和菓子屋で寄り道をして、姉宅を訪ねました。

義兄も元気そうで、世間話に時間が流れていきました。

姉とは5歳離れていますが、子どもの頃のことなど、いろいろとしゃべれるのも

姉と二人しかおらなくなりました。

お茶をいただき、そろそろお暇しようとなりました。

義兄が、車で送るよ、となって帰りは思いがけないことになりました。

車では10分ちょっとなので、やはり楽チンでした。

初秋の池

池の奥のほうでは釣り糸を垂れている人がいました。何が釣れるのでしょうか。

芙蓉の花

道ばたで見かけました。夕方には色が変わるのでしょうか。

神社の石段 灯籠の佇まい ご由緒書き

友呂岐神社です。

布袋さん

立派な布袋さん。微笑ましい。

参道

友呂岐神社の石段。市内には、鞆呂岐神社と書く神社もありました。