秋。

とれとれの野菜や果物がたくさん穫れ、食卓に並んでくるのも秋ならでは季節です。

そんななか、黄金色に輝く稲穂を探しに出かけました。

探し当てた稲穂は自宅からはそれほど離れた場所ではありませんでした。

稲刈りの準備は終わっていそうで、

今週あたりにはそろそろ、といった感じでした。

我が家では朝はパン食ですが、夕食はなんといってもご飯です。

これからしばらく続く新米の匂いはたまりません。ほんと美味しいですね。

いろいろと思い描きながら、稲穂の田をあとにしました。

つぎに訪れたのは、紅くなる前のもみじでした。

神社境内に佇む青もみじ。贅沢にもひとりじめ状態でした。

いずれの場所も自転車を漕ぐとすぐのところです。

国道をそれて脇道に入れば、なぜかホッとするものに出逢えました。

稔りの田

稔りの田 秋の稲穂 

朝の散歩のときに見ている田とは違って、かなり広い田です。

もう間もなく稲刈りです。

秋の風景

青もみじ 青もみじ

青もみじ 秋

境内の奥にある木。カメラを持つ手や腕に、蚊が攻撃してきます(笑)