先日、京都東山にある東福寺を訪れました。

奈良の東大寺、興福寺から一字をとって名付けられた東福寺。

境内のもみじの色づきは、これから秋真っ盛りになる直前の一休みといったところです。

秋が深まるにつれて、もみじは美しい色に染まっていきます。

人出もこれからだんだんと多くなっていきます。

平日だったこの日、修学旅行生や外国人観光客もちらほらで、

ゆっくりと本堂や三門を見て回ることができました。

そして、お目当ての青もみじは美しく、今が一番かなと思いました。

もみじ

春には桜、秋は紅葉狩りを楽しめる東福寺です。

初秋

午後の光を通して美しかった。

本堂

本堂

東福寺

本堂は高さ25.5mもあるそうです。

青もみじ

きれいでした。

修学旅行生

日本最古の三門

蓮池

境内の蓮池

紅葉

紅葉はまだまだこれからといったところです。