昨日は温帯低気圧になった台風16号の影響もあって、むし暑かった。

西日本は深夜から明け方にかけて断続的に強い雨が降り、

夜中の3時頃に目が覚めてしまいました。戸締りを確認しようと起きましたが、

もうひとつ知りたいことがありました。リビングの掛け時計のことでした。

それこそ1秒の狂いもなく動いていた掛け時計が急に遅れてきたので、

就寝前に電池をかえました。しばらくは文字盤の面白い光景に釘づけです。

新しい電池が入った時計は、コチコチと秒針の動きなどにお構いなく、

カチャカチャカチャと何周も短針と長針の追っかけが始まりました。

電波を受信するために自分で回り始めているのです。

しかし、あと30分ほどが合いませんでした。

階下に行き、明かりをつけてみると、

あれからまっ黒な部屋のなかで、電波を受信して修正し正確な時間を刻んでいたのですね。

ピッタリ合っていたのには感動。あたりまえと言えばあたりまえですが。

すごいな、と掛け時計のことを考えているとしばらく寝付けませんでした。

それから雨は小康状態になっていきました。

 

色づいてきた田です

散歩道で見かける田んぼです。だんだんと穂が垂れてきて色づいてきました。