夏が過ぎ、風あざみ、とくちずさんでいた季節は流れて、

だんだんと過ごしやすい季節になってきました。

月日の経つのはほんとうに早いな、とおもっています。

墓参りを済ませ、お彼岸の日も過ぎていってしまうと、

つるべ落としのように秋の日は暮れていってしまいます。

歳をとるほどに、世の中のスピードが速くなっているように思います。

一年を通じては花の咲く春も好きですし、入道雲の夏、紅葉の秋、それにまっ白な雪の世界の冬、

どれも好きですが、身近に迫ってくる澄んだ秋はやはりいいですね。

若い頃の一年一年は長く感じていました。

四季のなかに彩を見いだして、毎年毎年の行事のなかで生活を送っています。

東の空が明るくなってきました

朝は肌寒むかったです。

せせらぎ公園で

流れる水は澄んでいます。

境内

静かでした。