二十四節気で「処暑」らしい。

厳しい暑さは峠を越し、朝夕は涼風が吹き始めて、秋の気配を感じる頃らしい。

この頃は二百十日、二百二十日とともに昔から台風襲来の季節でもあります。また、

夏バテや食中毒にかかりやすい時期でもあります。

とにかく、暑さが和らぐという意味があるらしい。

現実はどうでしょう。

秋の気配を感じるどころか、毎日猛暑日が続いています。

大雨の被害が各地で起こっています。

連日、日本列島の被害の状況を目の当りにするにつけて、言葉を失ってしまうほどです。

一日も早い復旧を心より願うばかりです。

今朝の最低気温は26℃、日中の最高気温は33℃でした。

公園を散歩

犬を連れた方も結構おられます。猫も野良ちゃんですがベンチで涼んでいました。

チョウセンアサガオ

大きな花なので、遠くからでもよくわかりました。

垣根の花 

民家の垣根に植わっています。

水田

グングンと成長です。

駅前風景

駅前の風景です。