夕食を済ませてニュースを見ていたら、あっと驚きました。

夜空に煌々と輝く美しい満月が映し出されていました。

先日のことなので、夜空で観察された方も多かったかもしれませんが、

映像で見る私も心なしか大きな月に見えました。

実のところ気のせいなどではなくて、

スーパームーン、というらしく、いつもより大きな月が観察できたとのことでした。

月の最接近と満月が重なり、地球と月との距離が一定でないため、

月の軌道が楕円であるために、遠いときは小さく、近いときは大きく見えている、とのことです。

超望遠レンズで撮ったものだと思っていましたが、実際、

スーパームーンになると普段の14%も大きくなるらしい。

地上から見る夜空の月も満月になったり、新月になったり、三日月になったり、

そして小さくなったり、大きくなったりしているんですね。

朝、歩いていて得した気持ちになることがあります。

咲いている花や見上げた空の美しさです。しかもこうした風景も 刻々と変化を見せて、

とどまるところがありません。

芙蓉の花

朝咲いて夕方にはしぼんでいきます。

空

だんだんと太陽があがるにつれて雲がわからなくなってきます。

駅前風景

時間はゆっくりと流れていました。