世界遺産・平等院鳳凰堂の修復もようやく終わり、一般公開となりました。

小雨交じりの 「子どもの日」、次男家族と京都宇治市にある平等院を訪れました。

この日、連休真っ只中の影響もあるのだと思いますが、周辺道路も車の列でいっぱいで、

駐車場を探すのに一苦労でした。

阿弥陀堂中堂の屋根にある鳳凰は復元されて金色に輝き、ひときわ美しかった。

靑もみじとツツジは小ぬか雨降るなかでイキイキとしていました。

1才8か月の孫娘ユーちゃんはだんだんと言葉を覚えて、ポーズをしてみたり、

表情も豊かになってきました。

新緑香るこの季節、すべてのものを溌剌と反射していました。

宇治平等院

ツツジが艶やかです。

孫娘

はい、ポーズ

雨の平等院

阿字池に映る鳳凰堂

青モミジのなかを

境内をぶらぶらと・・・

平等院の靑もみじ

美しい眺めでした。

境内

雨のなか、落ち着いた雰囲気です。