造幣局の桜の通り抜けに行ってきました。

天気予報では終日曇天ということで、雨にはあたりませんでした。

見事な八重の桜の数々で、花酔いするほど高揚しました。

わずか600mほどの桜の道ではたくさんの品種の桜が植わっていて、

今年の花として 「松前琴糸桜」 が選ばれています。

日曜日、満開の花と花見をする人でごった返している中を、時計を見てびっくり・・・

気がつけば2時間は居てたみたいで、十分に堪能できました。

見ごろが今日明日らしくて、そういうふうに見ると蕾もまだ残っているようでした。

17日の閉館までに今度は友人と来る予定をしています。また、楽しみなことです。

造幣局の通り抜け

行ったのは午前でしたが、花見客はだんだんと多くなってきました。

松前琴糸桜

今年の花 「松前琴糸桜」 です。

桜の通り抜け

薄紅色が美しい。

桜の通り抜け

桜のトンネルのようでした。

造幣局の桜

太陽がギラギラでなかったのがかえってよかったかな、と思っています。