「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、

この時季は春になったり冬になったりで体調管理が大変なころでもあります。

春分の日は過ぎたばかりで、これから一気に春めいてくるのでしょう。

野山の春の訪れはタケノコ、ウド、タラの芽、ふきのとう、菜の花・・・と、

厳しい自然のなかから育ってきた食物は、いま食卓を賑わして、

ほろ苦い味で食欲を包んでくれます。

また、さまざまな出会いや別れも、爽やかで時にはほろ苦い思い出としてよみがえってきます。

また、春の訪れを感じるころが巡ってきました。

閑さ

植物園では日本庭園もあって、ゆっくりと鑑賞できました。

満開

いまが盛りといったところです。満開でいい香りをつけていました。

さやさやと

竹林を通り抜けていく爽やかな風を感じていました。

季節の移ろい

よく観察しますと、まだまだ盛んに蕾がついていました。