昨日は午前中少し肌寒かったのですが、午後からは暖かくなりました。

自宅から京都市内へ、地下鉄を乗り継いで1時間半かけてやって来ました。

京都府立植物園ではもう少しすれば桜の開花になりますが、

この時期はやはり梅の木、しかも大きな古木がいい匂いをつけていました。

その昔、花見といえば梅の花を見ることだったらしい、というのを何かに書かれていたのを

思い出しました。いつの頃からか桜の花に、と変わったらしい。

早春から春にかけてどちらの花も、美しく咲き誇り、見るものを楽しませてくれます。

この時期、花見でそわそわと落ち着かないものです。

京都府立植物園

IMG_2020 IMG_2015

京都府立植物園

IMG_1981 IMG_1971

IMG_1964 IMG_1960

広い散策道を歩いていくと、甘い匂いがしてきました。

鹿児島紅

白梅

だんだんと暖かくなるにつれて、花見を楽しむ人も増えてきました。

IMG_1942 IMG_1729

IMG_1724

2014.3.15撮影:京都府立植物園