今日は寝屋川市駅方面に歩きました。

いつもの緑地を通って神社を巡ってみようと思いました。

緑地では紅葉は全盛を過ぎたかな、といった感じでした。

でも、ところどころのモミジの木は綺麗でした。

それに大発見でした。半月ほど前までは見られなかった赤や白の山茶花が咲き、

歩く人を包んでくれています。

しばらく緑地を楽しみ、次に訪れた場所は住吉神社です。ねや川戎神社とも言い、

年が明けると店もいっぱい出て、たいそう賑やかになります。

駅近くですので通勤の行き帰りに手を合わされる方も多いです。

ここでの驚きは、境内いっぱいの黄葉のイチョウでした。

見上げる大きな木からパラパラと風に誘われて落ちてきました。美しかった。

そこから八坂神社の境内にも行きました。寒さを忘れるほどに幼稚園児の声は、

みんな元気、元気。先生の声で大きなクスノキを見上げる園児の顔と顔は真っ赤でした。

寝屋川の八坂さんは古くからある神社です。次は京都四条の八坂神社も訪ねたいと思います。

住吉神社

まるで境内は黄葉の絨毯を敷きつめたようです。

黄葉

大きなイチョウ。仰げば尊し・・・ではありませんが(笑)、またの名は公孫樹。

咲いていました

軒先で見つけました。

友呂岐緑地

歩き道にアクセントのモミジの木。

山茶花 山茶花

咲いていました。

八坂神社

ここには大きなクスノキがあります。少し前まではフクロウもいたらしいです。