昨日は二十四節気でいう「大雪」にあたり、雪が激しく降りだす日でしたが。

師走に入った京都の街は雪はなかったのですが、底冷えのする天気でした。

京阪祇園四条駅で降りると、南座の顔見世興行の看板が目に飛び込んできました。

普段でもこの界隈は人通りが絶えないところですが、一層賑やかでした。

「まねき」看板に勘亭流で書かれた役者名を探してみると、ありました、ありました・・・・・・

市川猿之助やドラマ「半沢直樹」で共演した片岡愛之助、市川中車(香川照之)、・・・

テレビってえらい力を持っていますね。あの役者の顔が浮かんできました。

いつの日かわかりませんが、本業の歌舞伎役者の芸を一度観たいなあ、と思ったりしています。

「どぉよ~」(笑)の声が聞こえてきました。

京都四条南座

南座の周りは人も車もいっぱいです。

山茶花

咲いていました。

おいでやす

この通りを真っすぐに行けば「南座」。京都の街は「おいでやす」からです。

初冬

冷たい風が吹いていました。