桜も綺麗な京都東山の清水寺ですが、秋のこのシーズンはモミジの紅葉も美しいところです。

鮮やかに染まったモミジと荘厳な本堂の佇まいが素晴らしいです。

訪れた11月18日、仮歩道を通って舞台に行きました。

聞くところによると、平成20年から大改修が行なわれているらしくて、

順次修復していき、建物の状態によって工事の内容も大がかりなものになる、とのことです。

こうしてたまたま訪れた清水寺ですが、工事で足場の見える景色となってしまいました。

モミジの色づきを目で追いながら奥の院を散策しました。

来週末ぐらいが全山紅葉になるのかな、と勝手に思っています(笑)

清水の舞台

舞台は人でいっぱい。

足場のなかの清水寺

足場を組み、これはこれで今の清水寺なのです。

紅葉

小粒のモミジ。品種がたくさんあるみたいです(スンマセン)

本殿

大きな柱を三脚がわりに、体を固定しました(マタマタスンマセン)

清水の風景

京都市内が一望できます。