最近のニュースから:-

地球400キロ上空に浮かぶ国際宇宙ステーションで9日にロシア人宇宙飛行士2人が、

ソチオリンピックの聖火トーチを手に宇宙遊泳を行なった。オリンピックの聖火リレーが

宇宙で行われるのは初めてのことでした。

この2日前の2013.11.7午後1:14(日本時間)、日本人として初めて国際宇宙ステーション

の船長を務める宇宙士の若田光一さんがソユーズ(ロシアの宇宙船)で宇宙へ打ち上げられ、

3人は半年間の長期滞在をしてさまざまなミッションをこなしていくとのこと。

いい天気の11月、淀川堤防に上ると広い空が見渡せました。

宇宙でのこのような営みは、ひと昔前なら夢のようなことでした。

今は現実のこととして、遥か青空の向こうで着々と続けられています。

空

天高く

地球はドーム。