丹波篠山味まつり行きは、秋の恒例行事となっています。

中国自動車道から舞鶴若狭自動車道を丹南篠山口ICを直走り、連休の最後の日の昨日は

2時間ほどで会場に到着しました。この時は誰も、帰り道の超々渋滞を予想はできませんでした。

ようやく1才になった孫娘から、また誕生日を迎えてしまった私まで、とバラエティに富んだ年齢層

は総勢10人で、秋の一日を丹波篠山の味覚を探しに行ってきました。毎年連休のこの日、

会場周辺は黒豆、栗、松茸・・・秋の農産物でうめつくされていました。

丹波篠山味まつり

活気がありますね。

大正ロマン館

いい天気でした。

コスモス

秋空に映える花です。

秋の日

ちょっと歩き疲れたのでしょうか、お母さんに甘えています。

丹波の黒枝豆と栗

全国ブランドは店先に置かれていました。

丹波篠山

ぶらぶら歩きを真横に目をやるとこのような風景がありました。

これからランチタイムです

なにを食べようか考え中です。

懐かしいものがいっぱい

軒先にも吊ってありますが、店に入れば懐かしいものがもっともっといっぱいでした。

秋の気配

秋にむかっていました。