熟睡したのか、爽やかな目覚めでした。いつものように朝刊を部屋にとり入れておいて、

朝の散歩に出かけました。少し肌寒い感じの朝でした。

いつのまにか虫の声を聞かなくなり、むしろ先月の暑い最中のほうが鳴いていたように思います。

大阪の最高気温は26度のようで、凌ぎやすくなってきましたね。そのような中歩いてきました。

近くの田んぼでは稲刈りが半分終わっていました。

体が温もってきたころ、いつもの道では秋の花が風に揺れておいでおいでしていました。

公園でもだんだんと色づいてきた葉っぱに出会いました。

出かけには薄曇りの広がった空でしたが、1時間ちょっとの散歩の間に、太陽が顔を出して

きました。

家に着いてドアを開け部屋を見やると、明かりがついていました。

「おはよう」 ~

秋の田んぼ

稲刈りも半分済んだようです。

通学路

通学路になっています。

秋桜の道

ゆらゆらしていました。

公園の中

広い公園ではサッカー少年や犬の散歩、ご自身の散歩に、といいスペースです。

葉っぱの色づき

色づいてきました。

近づいてきた秋

歩いている右側に水路があって、ずっと続いています。