秋晴れの日、大阪市内を散策しました。

地下鉄御堂筋線心斎橋で降りて長堀通を西へ30分ほど歩いていきました。

いつもの散歩道とは違い、大きなビルが立ち並ぶ風景を目の当たりして、

高速道路、車の激しい行き交い、交差点のなかに人が流れていました。

白髪橋、鰹座橋そして土佐稲荷神社を見てみたいと思ってのことでした。

坂本龍馬、岩崎弥太郎にまつわる土佐藩の大阪藩邸跡のことがなぜか気になったから

でした。「鰹は土佐の鰹ですし、白髪は土佐に大きな檜や杉を出す白髪山というのが

あるので、そこの地名をとったものだろうということ。そのあたりは土佐藩の大坂における

一種の租界地で、鰹問屋や土佐の物産の紙問屋だとかがいっぱい並んでいて、同時に

土佐藩の蔵屋敷があり、その雰囲気は大正時代ぐらいまであったそうです。」

そして、蔵屋敷に隣接して江戸時代から桜の名所として知られる土佐稲荷神社 ・・・・・・

「司馬遼太郎歴史のなかの邂逅3」から引用しました。どうしても行ってみたくなりました。

大阪の空

秋晴れのいい天気ですが、暑かったです。

白髪橋交差点

50年ほど前まで流れていた長堀川。その上を長堀通が走って、いくつもあった橋の名前は

現在、交差点などに使われています。

鰹座橋交差点

鰹座はその昔、川の右岸に土佐名産の鰹節の座があったことに由来するのだそうです。

その後、土佐のほか全国の鰹節がここに集まって、取引の盛況ぶりが手に取るようです。

花壇の花

道端の花壇に咲いていました。

花壇の花

道路わきで、ちょっと一息です。

土佐稲荷神社

鰹座交差点をを西へ真っすぐ行くと、土佐稲荷神社が見えてきました。