メールとか携帯電話が普及していない頃、遠くにいる友人、先輩に送る季節のあいさつ状は

もっぱら葉書や手紙でした。

残暑お見舞い申し上げます、夕方になると秋風を感じて赤とんぼも飛び交い・・・

つつがなくお過ごしのことでしょうか、と近況報告したりしました。

昨日は立秋で、秋の気配を感じる頃です。

このごろの、焦げてしまいそうな暑さ(笑)には、秋の気配はどこへやらで、脱水症状や

熱中症に気をつけなくてはならず、予報でも来週の中旬までもこの暑さが続くらしい。

世の中、まだまだ暑中の勢いですね。お見舞い状を届けます。

朝露の田んぼ

朝露に濡れていましたが、この暑さで穂先が焼けていました。

民家の涼

民家の日除けです。緑のカーテンに黄色がワンポイントになっていました。

太陽を遮る木

公園の大きな木の下のベンチではいつもの猫が涼んでいました。

ひとりぼっちで

ひとりぼっちの赤い郵便ポスト