“やわた流れ橋”  にやってきました。

この橋、時代劇ファンなら一度は見たことがあると思います。

流れ橋の名のとおり、梅雨や台風がもたらす豪雨で水位が上がると、

橋板や橋桁が流れ出す構造になっていて、橋脚にワイヤーロープで繋がれて

いるので、また元どおりに復旧できるようになっています。

最初から流れることを計算して造られているのです。お見事です。

やわた流れ橋

私も歩いてみました。長さ360mほどで、日本最長級の木造橋らしい。

休みの日暑そう~

いい天気でのどかな雰囲気です。

春の景色

木津川の堤を降りた遊歩道では、白いツツジが咲いていました。

石田神社

上津屋(コウヅヤ)里垣内にある石田神社。スサノオ神が祭神。

手水

誰が添えたのでしょうか。手水舎に一輪の彩り。