大阪の日の出は5時14分。朝から高気圧におおわれて快晴です。

1時間ほど過ぎた空気のなかの散歩です。

6月の田植のときまでは、今はエンドウ豆や葱が植わっていて、どこか

のんびりとした風景になっています。

澄んだ空気

駅から15分の距離にあります。だんだんと田畑が少なくなっています。

公園の落葉

赤くなってたくさんの葉を落として、朝日に大きな木の影を映しています。

鉢かづき姫

昨夜の雨で水路には勢いよく水が流れ込んでいます。

道案内をしている女性は、” 鉢かづき姫 ”。古くから寝屋川市に伝わる民話の主人公です。

椿と新緑

椿の木の周りでは落花もかなりしてきていますが、

手の届かないほどのところにあるからでしょうか、一輪一輪がきれいでした。