朝わが住む町も今日は肌寒くて、エアコンをつけるほどでした。

そして、午後になって雨が降り出しています。予報ではそんなことは

なかったのですが・・・・・・

ところで、外の景色はどんどん進んでいっているようです。

目に青葉がまぶしい頃となって、見ていてイキイキとした気持ちになります。

楓の木はカエデや秋の色づくもみじに至るまで、ほぼ通年、

野山やちょっとした身近なところで、その美しさを見ることができます。

また、あるところでは、もみじの天ぷらもあったりで、

見て良し、食べて良し、ってところです(笑)

目に青葉

「目に青葉 山ほととぎす、初鰹」

近くのスーパーでは、わら焼き鰹のたたきが・・・いいですね。

ツツジ

白、赤も咲いていました。

大きな切り株

向こうの大きな切り株は、手前のほうの切り口にくらべると、

伐採してそれほどの年数が経っていないみたいです。

樹齢100年は超える、アカメヤナギだそうです。「三枚板舟(さんまいだぶね)」

を展示している横にありました。