時おり吹く突風と瞬間の雨もだんだんとおさまってきました。

早朝雨が降っていましたので、これ幸いにと今日の散歩はお休み(笑)です。

今日の公園の木々や花の風景はどんなだったでしょうか。

-

先日歩いていて、こんなところにあるものは何、と思うものがありました。

三枚板舟(さんまいだぶね)

友呂岐水路の横になにやら舟のようなものが置かれています。

これは三枚板舟(さんまいだぶね)と言い、その昔、田に水を入れる用水路(井路)を通じて

農具や刈り取った稲を運んだりして、家と田の間を行き来していたそうです。

さんまいだ、の謂れは、舟底を昔、三枚の板で張っていたため、とのことです。

石碑(悪水井路)

少し歩くと、今は商店街になっている角に、このような古そうな石碑が埋もれているのを発見。

カメラに収めてはじめて、読めました。悪水井路、と書いてありました。

悪水とは飲用などに適さない水、井路とは用水路のことで、

用水の確保のほかに交通の手段にもなっていた水路なのですね。

お別れ公衆電話

水路を離れて市道を歩いていくと、今は懐かしい(笑)、公衆電話がデ~ンとありました。

携帯電話の普及までは、通信手段としての威力をいかんなく発揮していましたが、

今やその座を奪われてしまったようですね。