花冷え

花冷えの日となりました。

ご近所の桜並木の桜は、冷たい雨と時おり吹く風で散り始めていました。

駅へと続く桜並木の朝は、ひらひらと落ちてくる花びらを見ながらの散歩となりました。

身近にこうした風情ある景色を楽しめることが、今朝のウォーキングでの新たな収穫となりました。

周りの自然界は季節を敏感に感じとって常に変化をしていきます。遅れをとらないように、

これからも少しは前に進んでいきたいものです。