淀川の河川敷はいつになく人出が多いようです。学校が春休みに入ったために、

大小のグラウンドは野球やらボール遊びで楽しそうな声が聞こえてきます。

サイクリングや黙々と歩く方、仲間と世間話をしながら歩くご同輩の方ももちろん

参加中です。土手の傾斜面には土筆がたくさんあって、今日もそこここで採っています。

歩く道は見渡しの良い一直線で、少し退屈してきたかなぁとなれば、直角に折れて

道草をします。

姿は見えないのですが、ずうっとヒバリの鳴き声が空から聞こえています。

春・・・・・・小鳥も季節の移ろいを敏感に感じているようです。

春の音