このところ寒い日が続いていますが、ここはエィ、と体に言いきかせて外にでることにしました。

いつもならなにげなく通りすぎてしまっている風景でも、あれっと、

この風景はどこかで見たようで、懐かしさが込みあげてくるようなことがあります。

そこには昔ながらの原風景みたいなものがあり・・・・・・、というようなことはないでしょうか。

目の前の風景を見つめる脳裏には、50年も60年も前の自分がそこに居て、

幼かった頃の8ミリ映像みたいなものを、です。しばらくは懐かしみ楽しんだりしています。

村の川で友だちと小魚を手で追いかけたり、とかそんな大昔の日にあったような光景は、

私の住んでいるまわりでは消え去りもちろん、いまはありませんが・・・・・・

歩いていて、原風景のようなもに出会い、そのことで、普段なにげない風景でも、

心が揺り起こされ、なんだか温かくなってきました。

移りゆく季節