京都伏見、城南宮からです。

庭はいろは楓の素晴らしい色合いで、満ちていました。

いろどりの秋

曲水の宴の遣水にたたずめば、艶やかな平安貴族の衣装が浮かんできました。

日本の美

晩秋のいろは楓は社殿とともにありました。

赤く染まる景色

周りの風景をも赤く染めていました。