京都の秋

清水さんの昼下がりの風景です。

早いもので、壁にかかっているカレンダーがあと一枚となりました。

大阪マラソンは御堂筋を駆け抜け、慣れない重労働(?)で妻はまだ脚をかばっています(笑)

回復に時間がかかるのは年のせい?(笑)

あっという間に年のせ(瀬)を迎えて、師も走る、といわれる時季になってしまいました。

この日、清水さんは茶店の周りを彩る晩秋のひとときを照らしていました。