沖縄県恩納村にある景勝地、万座毛に落ちる夕日です。

その昔、琉球王朝時代から「万人が座するに足る」と評され、マンザモウといわれています。

風が強く、原っぱに進むにつれて、その勢いに倒されてしまいそうでした。

夕日の万座毛

リゾート地のホテルは南国ムードいっぱいです。

Big resort

美しい空で朝は開けました。

朝の空気