Hibiscus mutabilis cv. Versicolor

この日、八重の花はたくさんの人に見られて少し疲れ気味です。

京都植物園で見つけました。

写真に夢中になっていますと、ご近所から来ておられるという同年輩らしき男性に声を

かけられ、この花は一日に色が変化して、楽しめるのですよ、と・・・・・・

スイフヨウと言い、漢字で表すとと酔芙蓉と書くらしい。

まっ白な花が酒に酔ってほんのり顔を染めているような様子で、酔芙蓉、と・・・

うまく言いあてたものですね。

朝咲き始めは白色、昼間は淡い紅色に、そして夕方には紅色に変わっていく花で、

不思議な花ですね。

早朝に咲き、午後からは萎んでいく蓮の花にどこか似ています。

中国唐代では酒に酔って頬をほんのりと染める楊貴妃の美しさにもたとえられる酔芙蓉・・・

この次は、もっと早くここに来て、しらふの花の姿を見てみたいものです(笑)