芽生え

先日あちらこちらから、果物をいただきました。

葡萄は粒が大きく色は薄紫をしていて、巨峰とは違うみたいですが(笑)

ちいさい頃、裏庭に大きな無花果の木があって、もいで食べたのを思い出します。

茎の部分から白い牛乳みたいな液がでて、不思議なことがあるものだ、とびっくりしたものです。

石細胞というものがあるため、しゃりしゃりとした独特の食感がある梨ですが、

大粒の葡萄や無花果それに梨など、今年の夏は猛暑のためか、ことのほか甘いようです。

口の中でちょっとした秋の味覚を楽しんでいます。

秋の到来は果物ばかりではなかった。

大きなイチョウ並木のなかに混じって、気がつかなければ通りすぎてしまいそうな新芽。

日中はなかなかひつこい猛暑ですが、さすがに朝晩はだんだんと凌ぎやすくなってきています。

確実に季節は、これからの晩夏から秋の入り口に向かっているようです。

街を歩いていて、ちいさな秋を見つけました。