夏・夕暮れの空

誰がこのような景色を想像したでしょうか。

それまでは一点の曇りもなかった空が、

見る見る変わっていきました。

その変化に、しばらく目が離せませんでした。

まるで映画のシーンを見ているようでもありました。

案の定、このあとは強い雨と風を伴って、

太陽は黒っぽい、ぶあつい雲のなかに隠れていきました。