夏-セミ時雨

連日の猛暑のなか、

今が盛りと鳴くセミ時雨に、いや応なしにこの身が反応し、ジリジリと暑さが増してきます。

昨日はお昼頃から外出し、孫二人と嫁と妻とでお昼ご飯を一緒に食べたあと、

来週の法事の段取りに妻の実家に寄りました。用事を済ませて、帰る車のなか、

夕方5時ごろには、晴れていた空が急転直下カミナリと激しい雨風に変わってしまい、

家の窓は開け放ち、ベランダの洗濯物も干したままでしたので、えらいことでした。

乾いていたはずの洗濯物はビチョビチョで、もう一度洗濯機に回されるハメになりました(笑)

話はコロッと変わりますが、

ついに、草木も眠る丑三つ時に起きてしまいました(笑)

ロンドン五輪のなでしこジャパンが気がかりで、枕元の携帯電話のワンセグをかけると、

後半戦が始まったばかりみたいで、なんと勝っているではありませんか。

ヨッシッ~、とばかりに飛び起きて、それからというものはリビングのテレビにかじりつきになりました。

苦戦の末、2-1でフランスに勝利し、決勝戦までいきましたなぁ、すごいですね。

寝床に入りましたが、なかなか寝つけず、うつらうつらと朝を迎えました。

今日8月7日は、暦では立秋です。

朝夕が涼しくなり、秋の気配が立つ日とのことです。

わが世の春を謳歌しているセミたちですが、

暑さはもう少し我慢、我慢と思いたいところですが、なかなか、どうしてどうして・・・です。

ここはいっそうのこと、暑いなかに身を置いて、セミのようにガンガンいきたいところですが、

なにせこの暑さで、だらけてしまいますね。

立秋、リッシュウ、とその語感からは清々しい気持にさせてくれますが、

そうなるにはもうすこし時間がかかりそうです。

そうなった時にはセミの鳴き声も聞けなくなっているのでしょうが・・・・・・