夏-Green field

昨日暑い中、いろいろな企業の社屋などが立ち並ぶ京守線を歩いていて、発見しました。

まだ府道沿いに残っているのですね。なんか、ふうっと吸い込まれるように、広い田の苗を

見つめていて、そよぎ風を感じました。田植えも終わっていつのまにかこんなにも成長しています。

ところで、ここから「料理」のことを話したいと思います。

妻が用事などのときにちょくちょく厨房に入り、足手まといになっていましたが、

失業状態になった(笑)この4月からこの現象がちょくちょく、ちょくと度合いが増えてきています。

昨日はといいますと・・・・・・・・・

冷凍庫、冷蔵庫にあるものでということで、鶏のレバーと夏野菜のナスなどを使って、

メイン料理は鶏レバーのウスターソースで炒めておろし生姜と小口葱をぶっかけて、

もう一品はナスとピーマンとトマトをオリーブオイルで炒めて、塩、黒胡椒をふりかけました。

ここまで言いますとなんかカッコいいようですが、なんのことはない、

レシピのほとんどはテレビの料理番組やネット情報ですので・・・・・・

料理の新入生には、いやぁ、実に頼もしくて便利ですね。

最近は横着になってしまって、大さじ2、小さじ1.5・・・というのも目分量のいい加減で、

そんなに失敗することもなくなり、これでいいんだなぁと考えるようになりました。

そのあと、最終審査があり(笑)、食卓に並べた皿の味が気になるものですね。

「うん、おいしい、おいしい」 、「ちょっとピーマンかたいかなぁ」 と妻の一言。

褒められて人は成長するとは言いますが、後の言葉は褒められているのか微妙ですが(笑)、

これからも料理のレパートリーを広げたいし、なによりも料理を楽しんで食したいと思っています。