小さな拝殿

ここは大阪にある八坂神社です。京阪電車寝屋川市駅の近くにあります。

久しぶりに訪れました。

境内の 「ご由緒」によりますと、旧称は祇園社といい創建年代は詳らかではないが、

伝承では皇極天皇二年の頃、とありました。

そして、何故にこの社があるかということですが、この地に悪疫が発生して里人が困窮し、

播州廣峯神社に疫病平癒の祈願をおこなったところ、やがて終息した。

人々はこのことを忘れないために神恩報謝の心をもって、廣峯神社の分霊を播州より勧請して

小社を建立し、これを祇園社と称し、里の守り神とした。・・・・・・

え~っと、調べてみますと西暦643年頃で、斉明天皇として再び即位した女帝の時代の

ようです。

身近にあるものでも、知らないことが多いですね(笑)

神社のクスノキ

境内には大きなクスノキが何本かあって、青々とした葉っぱが風にそよいでいました。

お稲荷さんではキツネ

末社に稲荷神社が鎮座しています。

狛犬ではなくて、稲荷、といえば、キツネなんですね。

愉快な七福神

愉快な七福神。

福の神として信仰されている七人の招福の神様で、宝船に乗つて やつて来ると

信じられています。

恵比須、大黒天、毘沙門天、辯才天、 布袋尊、寿老人、福禄寿、と

それぞれに表情がありました。